読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityでゲーム製作:自分用メモ

■キーボードからの入力
Input.GetKey(キーコード) でキーボードからの入力を取得することが出来る。


※KeyCodeについての覚書き

KeyCode.KeypadEnter----テンキーの傍の小さい方のEnterキー
KeyCode.Return---------大きい方のEnterキーはこっち。

ほかのKeyCodeプロパティは見ればわかるので割愛。




■Buttonオブジェクトに動的に命令を追加する

ラムダ式を使うことで、
割と簡単に命令を追加することが出来る。

public Button btn;
btn.onClick.AddListener(() => OnClick用メソッド );

インスペクターから設定のときは
OnClick用のメソッドの引数は1つしか設定できないけど、
これを使えば複数渡すことが出来ます。

btn.onClick.AddListener(() => OnClickOkButton( okButton.gameObject, 1, "決定ボタンですよ") );

まじっくろじっく3D:更新のお知らせ1.11

まじっくろじっく3Dを更新しました。
バージョンは1.11となります。


■更新内容
・一手戻る(Undo)機能が付きました。Rキーでも戻ることができます。
・キー操作に中途半端に対応(?)しました。


次回のアップデートはアンドロイド版リリース時になると思います。
(もし何か重大なバグがあったら別です。直します。)



# 余談
元々アプリとして作っていたので
操作系は端末の横持ち+タッチ操作を想定しています。
キーでの操作は後付けだったりするのだ...。

Unityでゲーム制作:TD編その4

プロトタイピング出来た、と思いきや
実際動かしてみたら何やらすごく重い。
ううむ、動的に状況が変わるからと言って
そのたびに経路探索させるわけにはいかないようだ。

かと言って移動経路をキャッシュさせると
あとから出現した壁に対応できなかったり……
さて、どうしたものか。



# 追記
重かったのはログを大量に出力しているせいだったと判明...。
そうだよねー。
大昔からある手法であんなに重くなるわけないよねー…。
路線変更はしなくて良さそうかな。